たかちゃんのブログ

たかちゃんのブログへようこそ!イヤホンをはじめとした音響機器や、フェスにライブ、僕が刺激を受けたことなどを書いています。

インナーイヤー型イヤホンとカナル型イヤホンの違いって<改めて>

f:id:wengerlrx:20190622170021p:image

こんにちは!こんばんは!

たかちゃんです。

 

忙殺されそうな日々ですが、無事です笑

先日、あいみょんのラブコールライブに行ってきました。

あいみょんの独特なあの世界観に魅了され、あっという間に終わってしまったライブでした。

年齢層が思ったより若く、ほとんど中高生?の女の子ばかりで男性の僕からすると

非常に視界が良かったです笑

 

さて、本日はタイトルにもあるように、改めて認識を合わせよう!

インナーイヤー型イヤホンとカナル型イヤホンの違い

それでは、本日の目次です。

 

 

インナーイヤー型イヤホンって?

インナーイヤー型イヤホンって言われて、パッと!思いつく方!

僕の周りはあまりいませんでした。

おそらく「カナル型」という言葉は聞いたことがある方はいると思います!

インナーイヤー型イヤホンはカナル型イヤホンと異なり、空間的な音を楽しめるイヤホンです!

なんだよそれと思われた方!もう少しだけ読んでください!

インナーイヤー型イヤホンの代表例とあげるとなると、「Airpods」がイメージしやすいかなと思います!あとはiPhoneに付属しているイヤホンなんかもこの型に当たります。

 

第1世代

 

第2世代

 

カナル型のように耳に密着というよりは、耳に乗せるようなイヤホンですね。

カナル型と異なり、遮音性は高くはありませんが、空間的な音(開放感のある音)を楽しむことをでき、臨場感を感じることできるイヤホンの形です。

また、遮音性がそこまで高くないからこそ、周りの音が聞こえるのでカナル型より安全です。

インナーイヤー型イヤホンはカナル型と比べ、耳に窮屈な感覚を与えないのでその感覚が嫌いな方や、アンプを通さない音(=ギターでの弾き語りなど)を楽しむ方は、インナーイヤー型イヤホンの方が楽しめると思います!

個人的な意見ですが、「スピーカーで音を楽しむ」に近いかなと思っています。

 

電車などで使用して、カナル型の音量と同じ感覚で音の調節をすると、音漏れの原因になりますので、人の多い場所などではあまり向かないイヤホンですね。

実際に音漏れをしている人を見かけたのですが、せっかく音楽を楽しんでいるのに周囲に騒音と思われるのは嫌なので使用する際には気を付けましょう!

今回、例としてAirPodsを挙げましたが、もちろんコードタイプのイヤホンもありますので、実際に試聴してみることをお勧めしますb

 

カナル型イヤホンって?

最近の主流のイヤホンであるカナル型イヤホン。

カナル型イヤホンは耳栓タイプのイヤホン(イヤーチップというシリコンが先端についているタイプ)となり、インナーイヤー型イヤホンと比べるとだいぶ密着します。耳が窮屈に感じるため長時間の視聴は「聴き疲れ」「耳疲れ」といった原因になります。

 

例えばこんなカナル型イヤホンがあります。

 

FinalのE3000

 

Victor HA-PW10000

 

カナル型イヤホンは、遮音性が高く音漏れが少なく、音質を楽しむことができるイヤホンです。

最近の学生なんかを見ていると、勉強に集中!!みたいなときにカナル型のイヤホン使用して外の音をシャットアウト!してる人もいますね~

※そんな僕も今イヤホンしながらこの記事を書いています。笑

 

 

僕の場合、通勤時間を以下に自分の音楽空間にするか、より音質の良いイヤホンで音をどう楽しむかという観点からカナル型のイヤホンをメインで使っています。

電車のアナウンスがなどが聞こえないことが多々あり、気づいたら乗り換えの電車が遅れていたなんてことがあったので最近は音量を少し落としています笑

さてさて、本題に戻しますね。

カナル型のイヤホンは、よく公共交通機関を使う人や、音質にこだわって音楽を聴きたい方(=ハイレゾ音源など)などにはおススメです。

Bluetoothイヤホンもカナル型のイヤホンが増えてきて、価格帯も幅広くかつラインナップも多く選ぶのが難しいですよね~

次々回の記事で、夏に向けたイヤホンということで記事を書く予定ですので

もしよかったら参考にしてみてください。

 

まとめ

イヤホンといっても決してこれ!というものはないと思います。

ワイヤレスイヤホン、Bluetoothイヤホン、コードタイプのイヤホン、カナル型インナーイヤー型・・・その中に各素晴らしいメーカー様のラインナップ( ^ω^)・・・

ほんとどれを選ぼう分からんってなりますよね。非常に分かります。

いろいろなイヤホンを試聴していて、あぁ僕の場合はインナーイヤー型ではなくカナル型イヤホンの方が今のライフスタイルにはピッタリだから、カナル型で絞って探そう!

と、自分の普段のライフスタイルなどを元にイヤホンを選ぶのも個人的にはありかなと思います。

今回は、カナル型、インナーイヤー型をメインに取り上げ書いてみましたが

いかがだったでしょうか。

世の中はカナル型がブームにはなっていますが、インナーイヤー型のイヤホンが決してなくなったわけではありません。

最近は増えつつあるとも聞いています。

 

どちらにも良い面、悪い面があります。

普段の自分を見返し自分にベストな型を選ぶ手助けになったら幸いです。

 

それでは次回、僕が使用しているリッピングソフトの記事でお会いしましょう~!

 

ps:今回挙げたイヤホンは実際に聴いて個人的に手に入れようと思っているイヤホンでした~笑