たかちゃんのブログ

たかちゃんのブログへようこそ!イヤホンをはじめとした音響機器や、フェスにライブ、僕が刺激を受けたことなどを書いています。

ハイレゾ音源を今一度勉強!|Part2

f:id:wengerlrx:20190226224218p:plain

こんにちは!こんばんは!

たかちゃんです!

 

あっという間に3月になってしまいましたね。

ついこの間、私がカスタムしたEmpire EarsのLegend Xのユニバーサルモデルが

再販していましたね〜!現行のモデルを買えるのはこれが最後の機会だとか?

まだあるならURL貼ろうかなっと思ったら売り切れてました笑

さてさて、今月は僕の実の姉の結婚式があるので、

それに向けて弟から!ということでちょっとバタバタし始めております。笑

少しでも花を添えたいですね。

 

では!今回は前回の記事の続きを書きたいと思います!

前回の記事(ハイレゾ音源を今一度勉強! - イヤホンの世界って楽しいなぁ〜)も

見てもらえたら嬉しいです( ^ω^ )

では目次ですb

 

 

ハイレゾ音源っていいの?

ハイレゾ音源と聴いておそらくほとんどの方は、「あ〜普通のより音が良いやつでしょ!」となるのではないでしょうか。

もちろん正解だと思います。前回の記事でも少し触れましたがハイレゾ音源は「スタジオなどの空気感や臨場感がより伝わる」音源です。

例えば、「生まれてきてくれてありがとう と歌に託すよ」(from Close to you/大原櫻子)という歌詞があります。

ハイレゾ音源で聴いた時、「(すぅー)生まれてきてくれてありがとう と(すっ)歌に託すよ(残響)」みたいな感じなのですがうまく伝わるかな・・・(音の解像度が高い!)

すっは呼吸音です。よりライブに近い音を楽しむことが出来る音源だなと思っていつも聴いています。

じゃあCDはダメなの?と思う方も中にはいるのではないでしょうか。

もちろんそんなことありません。より音にこだわるならハイレゾ音源のような音源で楽しむことで、日々の音楽ライフがいつもより楽しくなると僕は思っています( ^ω^ )

 

 

ハイレゾ音源の弱点

ハイレゾ音源の弱点は、前回の記事でも少し触れた音源の容量ももちろん弱点の1つだと思いますが、それより何よりハイレゾ音源自体が少ない!

まだまだハイレゾ音源の母数が少なく、アニソンやJ-popなどでみると本当に少ないです。ジャズやクラシックではアニソンやJ-popに比べると多いらしいです。

よく聴くアーティストの楽曲は基本的にハイレゾで欲しいなと思って探したりするのですが、あればラッキーくらいですね。笑

1度探してみるとわかるはずです!だからこそ見つけるとすぐにポチッとしてしまうのかもしれないですね。笑

 

ハイレゾ音源だからといって良いイヤホンでなくてもいい

僕もたまに聞かれるのですが、ハイレゾ音源を聴くなら良いイヤホンの方がいいの?と。

もちろんそんなことはありませんよ!持っているイヤホンで聴くことは出来るのでその点は心配せず!極端ですが100均のイヤホンでも問題ないのです。

ただ、そのイヤホンがハイレゾ音源を100%楽しめるかとなると話は別です。

高価なイヤホンやヘッドホンには高価なりの理由があるからこそ、僕もそれなりのものを購入します。イヤホンに限らず言えることですもんね。

60%くらい楽しめたから次のステップのイヤホンに変えてみよう!みたいな考え方も僕は好きです(^^)

 

まとめ

音の違いなんてわかるの?とよく聞かれます。もちろん分かりにくい音もありますが、

僕自身の中では分かってきたといった感触です。まだまだプロのエンジニアの方に比べると(そこ比べるんかい!!)レベルは相当低いですが、イヤホンや音というものを追求していると違いは見えてくるものです。

見えてくるというより聞こえてくるの方がいいかな!笑

解像度が高いからといってすべての音源が素晴らしいとは言い切れません。録音した環境が悪ければやはりそこそこの音源ですし。

ただ、ハイレゾ音源は1度聴くとなかなか癖になりますね。笑

 

ではまたまた!次の記事でお会いしましょう!